久しぶり過ぎて

2011.07.13 Wednesday
久しぶりのブログUPです。

久しぶり過ぎて…まず記事のタイトルをどうしようか考えてしまいました。

前回のUPから、なんと10ヵ月近く経ってしまいました。

理由は、去年の10月以降、お仕事(昼間は仕事をしています)と
それにまつわるあれこれで、音楽活動はおろか、
時間と心の余裕がまったく無くなっていたのです。

今年5〜6月にはとりあえず形のうえでは落ち着いたのですが、
まずお仕事を最優先しないといけない事情もあり、今に至る…
という感じです。

ただ、心の中では音楽がいちばん大事で、
いつも歌のことばかり考えていました。

で、なぜここへ来て急にブログを復活したかというと、
昨日、とある集まりがあり、そこで生演奏や歌が披露されたことで、
自分の中で音楽への探究心がまた沸いてきたのです。

それは音楽関連で知り合ったカメラマンさん主催の飲み会
だったのですが、そこではヘアメイクや映像関係、音楽関係など
さまざまな方と出会うことができました。

そこから何か交流が生まれて、それぞれの人生がより良くなればいいなぁ。

Satoru


ライブレポート〜塩谷哲×村治佳織×河村隆一〜

2010.09.09 Thursday
 


今日は、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて、
ピアニスト塩谷哲プロデュースイベント「幻想夜」に行ってきた。

ピアノ塩谷哲×ギター村治佳織×ボーカル河村隆一という
豪華なコラボレーションが実現。

とても自由な感じのライブで、バンドメンバーも含めた出演者全員が
楽しみながらやっている感じが伝わってくるような空気があった。

各ミュージシャンのソロ演奏曲あり、ピアノとのコラボあり、
またバンド全体でのアンサンブルもあり、と盛りだくさんの内容だった。

演奏中にアイコンタクトでお互いの云わんとしていることが通じ合えるって、
なんだか素敵だし、すごいことだ。

プロってすごいという意味もあるし、言葉がなくてもコミュニケーション
できる音楽ってすごいという意味も。

前回、alanのコンサートでこのオーチャードホールには来たことが
あるが、今回も“このステージに立てたらどんなに素敵だろう…”と
夢を膨らませる僕でした。




↑開演前の客席


二科展〜2010夏〜

2010.09.05 Sunday
 



今日は六本木の新国立美術館で開催中の、二科展に行ってきた。

以前と同じく、伯父である画家・平権(たいら ごん)さんのご招待で。

こちらが今年の作品、『満開の桜のために』。

もし行かれる方は、毎回絵の中になにか隠れキャラを忍ばせているので、
近くでよ〜く見て探してみて下さい。

今回は動物や昆虫が15種類、だそうです。


ライブ終了〜渋谷キリストンカフェ 9/2〜

2010.09.04 Saturday


さて、お礼を申し上げるのが遅くなりましたが、
先日2日(木)の渋谷キリストンカフェLiveにお越し頂いた方、
ありがとうございました!

7月、8月に続いて3回目の出演となりました。

今回はピアノ伴奏を、音楽事務所Green Field Sound
代表である山崎真也さんが務めて下さいました。

(7月出演時はベースを弾いて下さいました。
ちなみに、キリストンカフェやつるとんたんに僕が出演させて
頂けるようになったのは、この方のおかげです。)


同じ曲でもピアニストが違うと、
まったく雰囲気が違う曲になるから不思議です。

それは例えるなら、料理人が違うと、同じメニューでも
まったく違う仕上がりになるのと似ています。

スローテンポのバラードは、よりバラードっぽくなります♪
(あとは僕の歌次第なのですが…)

今月14日(火)もこのメンバーでキリストンカフェに出演します。
ぜひ聴きにいらして下さい。




ライブ終了〜渋谷キリストンカフェ 8/21〜

2010.08.24 Tuesday
 

8/21(土)の渋谷キリストンカフェのLiveに来てくださった方、
また、来れなくても気にかけてくださった方、
どうもありがとうございました。

先月に引き続いての出演でしたが、今回は2回目ということもあり、
リラックスして気持ちよく歌うことができ、また前回以上に自分なり
のステージ表現ができたのでは、と思っております。

メンバー編成に関して言うと、
前回は、ベーシスト×ギタリスト×ピアニスト。

今回は、ピアニスト(Key)とのデュオ。

そうです。シンプルな編成です。

歌も演奏も、ひとつひとつの表現がダイレクトに伝わる反面、
ミスしたらはっきりと聴こえてしまう、という。

ただこれは、技術の話です。

大切なのは、ライブ全体を通してお客様のハートに届く、
ハートを揺さぶる演出です。

少なくとも僕はそう確信しています。


さて、Live後にいただいたメールでは、

「素敵なライブで楽しかったですよ。お店もオシャレで素敵でした」

「やさしい歌声で、凄く楽しませて頂きました。ありがとうございました」

といった、たいへんありがたい感想をいただきました。


「素敵」。


それこそ、なんと素敵な言葉なのでしょう。

僕が目指すところはそこです。
音楽に関する表現を、「素敵」と感じてもらえることです。

もっとたくさんの人にそう感じてもらえるように、
日々精進して参ります。




お花をいただきました☆
本当にありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜!


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
archives
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」